絵画の買取
取扱作品/作家
HOME取扱作家/作品 > 絵画の買取

絵画の買取について

絵画買取 絵画、と一口にいいましても、そのジャンルは多岐にわたります。たとえば、日本画、洋画、西洋絵画、古書画など。さらにコンテンポラリーアートのみを扱う画廊もあります。額装の作品という意味で木版作品やリトグラフなどの版画を含める人もいますね。私どもではそのいずれのジャンルのものでも評価、買取しております。古いものも新しいものも一緒にお売りになる方も一度に拝見いたしますので、ぜひご相談ください。

秋華洞は平安時代からの古美術を扱う一方で、現代作家のプロデユースもしており、国内外のアートフェアにも出展しております。その点で、データだけでなく今現在の生きた美術品の価格を把握しております。 また、万一、直ぐにわからない作品のご依頼があった場合も一流の各ジャンルの専門家と連携して査定できます。私どもには、各種美術店さんや国内外の大手オークション会社さんからも査定のご依頼があります。

  • 売却のご依頼はこちら

  • お電話でお問合せ
    03-3569-3620
  • WEBでお問合せ:メールフォーム 選べる買取方法
  • 無料簡易査定

  • お写真で簡単に査定ができます

  • メールフォームからお申込み

絵画をお売りになるさいの注意事項:前会長からのアドバイス

絵画買取お売りになる、価値を見てもらう場合に備えてアドバイスを少々。
まず、絵画作品は作品のコンディションに加えて、裏書、鑑定証、箱などの添付物が大事です。もし査定の前に倉庫を整理することがあっても、そうしたものを無くさないようにお願いします。

また「コンディションが悪いと売れないと聞いたから」ご自分の判断で、絵画の修復を行ったり、額を直したりするケースが多いのですが、これはおやめ下さい。ご自分で楽しみたいから、飾りたいから、手を入れるのならいいですが、「価値を上げるため」にそうした事をやっても殆どの場合、意味がありません。手間のぶん以上に価値が上がることは稀です。私どもも含めて、信頼できる懇意の美術商を見つけて、そのアドバイスに従うのが良いでしょう。
 査定の前に、写真をお送りいただく場合も、そうした添付物の状態がよくわかるよう、何枚か写真をおとり下さい。判断の材料として重要です。

絵画の相続

絵画の相続については、相続時に評価が必要な場合は、是非ご相談下さい。 そもそも評価するべきものかどうかなど、多彩な経験に基づいてアドバイスさせていただきます。
相続の際、絵画だけ、陶磁器だけというケースはむしろ少なく、骨董、掛軸、武具、浮世絵など幅広く集めているケースが多いものです。こうなりますと、整理するだけでも大変です。さらにジャンル別に個別の業者に依頼すれば、かなりの時間を労してしまいかねません。美術品全般を同時に処分をお考えの場合はぜひ、秋華洞にご相談ください。各分野のエキスパートがいるため、一度にご対応が可能です。蔵ごとの査定も豊富に経験があります。
  また、お客様の美術品の相続について相談を受けている士業の方も、お気軽にご連絡下さい。提携している大手弁護士事務所さんをはじめ、多くの士業(弁護士、税理士、社会労務士)の方のご相談の経験があります。 士業の方へ

絵画の査定・鑑定

 一般に、「鑑定」とは真贋の鑑定、「査定」とは時価評価の事を指します。実際にはいくらで買い取れるかという金額の提示になります。
絵画、陶磁器、工芸品など、ジャンルにかかわらず評価が一般に「高価」であることが知られている作家については、ほぼ必ず「贋物」が作られていると言ってもいいでしょう。 またいわゆる贋物でなくても、状態の悪い物、箱の有無、伝来によっても価格が左右されます。 鑑定の箱書きが正しいものか、どうかなど、有名な作家ほど、慎重に判断しなければなりません。査定するにはプロの眼が必要となってくるのです。有名百貨店で揃えられた場合は、まず真正な場合が殆どですので、記録があると強い傍証材料になります。 査定額は、写真でもある程度判断が出ますが、当然ながら最終的には、実物を拝見しての判断になります。
秋華洞では、絵画、陶磁器、武具、浮世絵、骨董など美術品全般について優れた専門家を擁しており、幅広く対応できるのが特長です。簡単なことでも結構です。遠慮せずご相談ください。

絵画の鑑定申込はこちら

絵画のことならどんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご依頼をスタッフ一同、心よりお待ちしています。
WEBでお問い合わせ:査定お申込みフォーム E-mailでお問い合わせ:info@syukado.jp お電話でお問い合わせ:03-3569-3620
tbs_bn
 
▲ページトップへ