武具の買取
取扱作品/作家
HOME取扱作家/作品 > 武具の買取

武具の買取について

 武具と一言でいってもその種類は様々です。甲冑・兜・具足(ぐそく)・胴丸(どうまる)の他に、鐔(つば)・小柄(こづか)・目貫(めぬき)・縁頭(ふちがしら)・笄(こうがい)などの刀装具まで多岐に渡ります。
装具は限られた小さな空間に文様・文人・格言など様々なテーマで表現され、非常に芸術性が高いものが多いです。
また時代や造りの豪華さなどで買取金額も違ってきます。

武具や他の美術品と一緒に売却をお考えの方はぜひ、秋華洞にご相談ください。幅広い美術品を一度に査定できるのはわたしたちの強みです。

  • 売却のご依頼はこちら

  • お電話でお問合せ
    03-3569-3620
  • WEBでお問合せ:メールフォーム 選べる買取方法
  • 無料簡易査定

  • お写真で簡単に査定ができます

  • メールフォームからお申込み
 

武具をお売りになるさいの注意事項

    武具には「鑑定証」がついている場合があります。「日本美術刀剣保存協会」が発行している鑑定証明は、意味のある鑑定ですので、添付されている場合は、必ずお持ち下さい。ただし、「鑑定証」がないから価値がないとか、必ず登録が必要と言うことではありませんので、ついていない場合でも、まずはご相談下さい。また、他の団体が発行したものなど、必ずしも証明として信用のないものもありますので、ご注意下さい。

 また武具の査定・買取の際に、錆びているから修理してからの方が査定金額がアップするか?という質問をよく受けます。買取金額は変わりません。錆び付いたままで結構ですので、ぜひそのままの状態でお持ち下さい。

武具の査定と鑑定について

 真贋の鑑定には、まず銘を確認します。柄(つか)に納まる部分(なかご・茎)に刻んである銘をまず見ますが、その名称と「登録証」の名称が一致するかを確認します。次にその銘に相当する物であるかを判定します。これが駄目であれば価値は当然低いです。銘がどうあれ、お品物の良さが本来はもっとも大事な要素でしょう。
あとは拵えの部分、装具のグレード、等で価格が決まって参ります。


 
▲ページトップへ
 
お電話でのお問い合わせ:03-3569-3620 美術品の鑑定・買取査定お申込フォーム