松田権六

まつだごんろく
工芸作家 1896(明治29) - 1986(昭和61)

漆芸家。金沢に生まれ、はじめ兄松田孝作について蒔絵を修行する。石川県立工業学校在学中に金沢に伝承される五十嵐派の蒔絵技法を身につける。東京美術学校で六角紫水に師事するとともに江戸以来の蒔絵各流派を学ぶ。さらに楽浪の遺物調査、日本中国の漆芸古典の研究から得た技法を統合し、広い芸術的領域から格調高い作風を築いた。螺鈿、卵殻、平文といった多岐にわたる蒔絵技法を駆使し、自由闊達な表現を生み出した。昭和18年東京美術学校教授。22年日本芸術院会員。28年正倉院宝物の調査に当たる。30年、重要無形文化財「蒔絵」保持者(人間国宝)に指定。38年文化功労者、日本工芸会理事長就任。

松田権六「松文蒔繪棗」
松田権六「松文蒔繪棗」
松田権六の作品例一覧
松田権六の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名松田権六
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×