藤原啓

ふじわらけい
工芸作家 1899(明治32) - 1983(昭和58)

陶芸家、人間国宝。少年の頃より文学を志し、1919年上京。博文館編集部に勤めるかたわら早稲田大学英文科に入り、1年余りシェークスピアを学んだのち中退。1938年正宗白鳥の弟で万葉学者の正宗敦夫から、備前焼でも焼いてみたらとすすめられる。陶工・三村梅景を知り、築窯、原土の入手、ロクロ成形などの指導を受ける。1939年三村梅景の指導の下初窯を焚く。以後、桃山期の備前の研究を重ね鎌倉備前にあった素朴な逞しさを加味し、伝統的な備前焼に一石を投じた。

備前窯変水指
備前窯変水指
藤原啓作品の所定鑑定人・鑑定機関
 藤原和
藤原啓の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名藤原啓
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×