サイトマップ|携帯サイト|English

歌麿のプロフィールと作品 | 美術品の鑑定/無料査定/高額買取なら銀座・秋華洞

取扱作家/作品
HOME > 取扱作家/作品 > 書画・浮世絵師 > 歌麿

歌麿の無料査定・鑑定・買取のご相談
秋華洞では、「うたまろ」の買取キャンペーン中。

積極的に歌麿作品を取り扱いますので、お気軽にお問い合わせください。

喜多川歌麿(きたがわうたまろ) [浮世絵]

喜多川歌麿 『ぽっぴんを吹く娘』
喜多川歌麿 『ぽっぴんを吹く娘』
喜多川歌麿プロフィール
?~文化3年(1806)

江戸の浮世絵師。生年未詳。没年齢は50余歳とされる。出生地も未詳であるが江戸説が有力。はじめは北川豊章と名乗り、天明元年(1881)春から歌麿号を用いる。天明3年より喜多川を画姓とする。 美人大首絵について歌麿は、濃艶な色香、女体の質感、表情・しぐさに表れた微妙な心の襞の描出に傑出した力量を示している。 門人は多く、二代歌麿・藤麿・月麿等は特筆されるが、歌麿に比すべき人は出ず、文政年間(1818~1830)にその系統は絶える。 美人画の名手として後世に及ぼした影響は計り知れない。 

 美人画の代名詞にもなっている「歌麿」。特に人気が高いのは「大首絵」といわれる半身図で表情や仕草から女性の内面までも描き出し、人気を集めました。
歌麿の全盛期は寛政4年(1792年)から8年ごろといわれていますが、この間に「婦女人相十品」、「婦人相学十躰」、「歌撰恋之部」などの美人大首絵の傑作を次々と生み出しています。大首絵での構図の以外にも当時人気のあった遊女たちを描いた「当時全盛美人揃」はほぼ全身をローアングルで捕らえ、仕草や姿態からそれぞれの個性を描き分けました。

美人画のイメージが強い歌麿ですが、天明期には版元蔦屋重三郎と組み狂歌絵本の傑作を残しています。それが虫の息遣いをも伝えるような「画本虫撰(えほんむしえらみ)」です。
このほか「潮干のつと」、鳥を主題にした「百千鳥狂歌合」なども残しています。


歌麿の強化買取作品

・「婦女人相十品」、「婦人相学十躰」、「青楼十二時」「当時三美人
・「当時全盛美人揃」、「娘日時計」、「歌撰恋之部」、「北国五色墨」、「江戸高名美人
・狂歌絵本「百千鳥」、「画本虫撰」、「汐干のつと
・そのほか肉筆浮世絵作品

各種お問合せについて

WEBでお問い合わせ:お問い合わせページ お問い合わせページでは、歌麿の
オンライン査定・見積もりもご利用いただけます。
E-mailでお問い合わせ:info@syukado.jp Eメール(info@syukado.jp)で作品画像や詳細説明をお送りいただいても結構です。
お電話でお問合わせ:03-3569-3620  

秋華洞のご紹介

販売責任者・弊社社長 田中千秋 弊社社長 田中千秋 歌麿の査定・買取りのお問い合わせの際は秋華洞にご用命下さい。ご満足いただけるお値段で買取りさせて頂きます。その他、売却や鑑定に関してわからないこと、不安なことなどございましたら遠慮なくお尋ね下さい。誠心誠意お答えいたします。
創業者 故 田中自知郎 創業者 故 田中自知郎 40年美術業界で培った経験を元に、>歌麿作品を責任を持って査定させて頂きます。ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。なお、歌麿作品買取りのお見積もりは無料です。
 
カタログ誌「秋華洞」
カタログ誌「秋華洞」
隔月にて発行の美術品カタログ誌「秋華洞」でも様々な作品を取り上げます。是非カタログをご請求下さい。
無料にて発行しております。

カタログ誌「秋華洞」のご請求はこちら
 
お電話でお問合わせ:03-3569-3620
お気に入りの作品が見つからない方(ご購入)は、お電話でお問い合わせください。
 
絵画買取
お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ 年中無休10:00?18:00
お問合わせ:info@syukado.jp 電話番号03-3569-3620 年中無休 10:00?18:00 美術品販売お求めの方はこちら
▲ページトップへ