サイトマップ|携帯サイト|English

呉昌碩(ごしょうせき)のプロフィールと作品 | 美術品の鑑定/査定なら業界屈指の鑑定眼で高額買取の秋華洞

HOME >  取扱作家/作品 >  呉昌碩
呉昌碩(ごしょうせき)作品の鑑定・査定・ご売却(買取)のご相談
 
銀座 秋華洞では、呉昌碩作品を積極的に扱っております。
呉昌碩作品のご売却・無料査定(お見積もり)・鑑定のご相談承ります。

呉昌碩 [中国諸作家]

呉昌碩
呉昌碩
呉昌碩(Wú Chāngshì)プロフィール
清・道光24(1844)〜中華民国・民国16(1927) 

 中国近代の書画家、篆刻家。詩・書・画・篆刻ともに精通し、「四絶」と称賛され、中国近代でもっとも優れた芸術家と賞賛されている。初名は俊、のちに昌碩と称した。浙江省安吉の人。

名家に生まれるが、17歳の時に太平天国の乱に巻き込まれ、一家離散の憂き目に遭って湖北・安徽省を流亡。しかし苦しい生活のなかでも勉学は怠らず、篆刻や文字訓詁を熱心に学んだ。

 29歳になると杭州・蘇州・上海等に出て、広く師友を求める。仕官を望まず、学を深めながら大勢の師友を得たことで、識見を広め、書へも領域を広げて技量を伸ばしていった。

 以後、書や篆刻を売りながら細々と生計を立てたが、50歳に至って任伯年に師事し、本格的に画を学ぶ。やがて上海の富裕層が彼の画を好んで買い始め、その名が世に知られ始めた。

 日本でも長尾雨山や河井 廬によって紹介され、大正11年に大阪高島屋で展観が行われてからは書画愛好家の間でも関心が高まり、「中国最後の文人」として広く注目を集めた。

  呉昌碩は昭和の時代からしばしば日本に紹介され、弊社会長も今まで数百は扱った作家である。奄美でその生涯を終えた田中一村も幼年から青年に掛けて呉昌碩の画風に倣った事で知られる。石鼓文を模した書など、独得の書体の書と画は、日本の知識層を魅了した。

各種お問合せについて

WEBでお問い合わせ:お問い合わせページ お問い合わせページでは、呉昌碩の
オンライン査定・見積もりもご利用いただけます。
E-mailでお問い合わせ:info@syukado.jp Eメール(info@syukado.jp)で作品画像や詳細説明をお送りいただいても結構です。
お電話でお問合わせ:03-3569-3620  

秋華洞のご紹介

販売責任者・弊社社長 田中千秋 弊社社長 田中千秋 呉昌碩作品の査定・買取りのお問い合わせの際は秋華洞にご用命下さい。ご満足いただけるお値段で買取りさせて頂きます。その他、売却や鑑定に関してわからないこと、不安なことなどございましたら遠慮なくお尋ね下さい。誠心誠意お答えいたします。
創業者 田中自知郎 創業者 故 田中自知郎 40年美術業界で培った経験を元に、呉昌碩作品を責任を持って査定させて頂きます。ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。なお、呉昌碩作品買取りのお見積もりは無料です。
 
カタログ誌「秋華洞」
カタログ誌「秋華洞」
隔月にて発行の美術品カタログ誌「秋華洞」でも様々な作品を取り上げます。是非カタログをご請求下さい。
無料にて発行しております。

カタログ誌「秋華洞」のご請求はこちら
 
お電話でお問合わせ:03-3569-3620
お気に入りの作品が見つからない方(ご購入)は、お電話でお問い合わせください。
 
絵画買取
お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ 年中無休10:00〜18:00
お問合わせ:info@syukado.jp 電話番号03-3569-3620 年中無休 10:00〜18:00 美術品販売お求めの方はこちら
▲ページトップへ